【評判あり】コードキャンプWebマスターコースは転職・副業できる?

コードキャンプWebマスターコースコードキャンプ
スポンサーリンク

 

しみりょう
しみりょう
こんにちは、プログラミングスクール卒業生のしみりょうです! CodeCamp(コーキャンプ)の受講を考えている人は以下の悩みありませんか?

・CodeCamp(コーキャンプ)のWebマスターコースについて詳しく知りたい!

 

・Webマスターコースが気になっているけど、何を学べる?

 

・Webマスターコースを受講して、転職や副業ってできる?

上記の疑問を解消するため、

この記事では、プログラミングスクール卒業生かつ現役エンジニアの僕がCodeCamp(コーキャンプ)のWebマスターコースについて詳しく解説していきます。

さらに、Webマスターコースを受講した後の転職や副業についても詳しくお伝えします。

 

 この記事の信憑性

僕はプログラミンングスクールを卒業してエンジニアに転職しました。

プログラミングスクールに詳しいのはもちろん、エンジニア業界についても詳しいので信憑性は高いです。

また、CodeCamp(コードキャンプ)の運営の方にも実情をヒアリングしてきました。

 

この記事を読み終える頃には、Webマスターコースの学習内容や評判を知って、受講するかどうか判断していただけます。

スポンサーリンク
  1. そもそもコードキャンプのWebマスターコースとは
    1. CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースで学べること
    2. CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースで開発するサービス
    3. CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースの受講料金と学習期間
      1. CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースのオススメの学習期間
    4. CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースのサポート
    5. CodeCamp(コードキャンプ)の学習方法は実力がつく
  2. Webマスターコースの受講で転職できる
    1. Webマスターコースは自社開発企業に転職できる可能性が高い
      1. 理由①:Web系の開発言語であるPHPの求人は多い
      2. 理由②:学習の途中で挫折しにくい
    2. 補足:Webマスターコースを受講後、転職までの流れ【4ステップ】
  3. 転職成功率を上げたい方はCodeCampGateがオススメ!
    1. CodeCampGateとWebマスターコースの受講に迷ったら
  4. Webマスターコースは将来的に副業に繋がる可能性も高い
    1. 理由①:プログラミングを教える立場にまわれる
    2. 理由②:Web制作案件は多い
  5. PHPを学ぶと将来1000万近く稼げる可能性あり!
  6. Webマスターコースの評判と口コミ
    1. ①:独学より学習を進めやすい
    2. ②:仕事の幅が広がって感謝
    3. ③:転職に成功した
  7. Webマスターコースの受講がオススメな人
  8. Webマスターコースの受講で人生の選択肢の幅が広がる
  9. 悩みや疑問がある方は無料カウンセリングに参加するのがおすすめ!
  10. Webマスターコースを受講する時に取るべき行動
  11. まとめ:Webマスターコースはコスパ最強
    1. 合わせて読みたい

そもそもコードキャンプのWebマスターコースとは


コードキャンプのWebマスターコース

しみりょう
しみりょう

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースは、どうゆうコースなのかを見ていきましょう!

Webマスターコースについて

・Webマスターコースで学べること

・Webマスターコースで開発するサービス

・Webマスターコースの受講料金と学習期間

・Webマスターコースで受けられるサポート

 

以下で1つずつ見ていきましょう!

CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースで学べること

しみりょう
しみりょう
CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースで学べる内容は、以下の6つです。

 

コードキャンプWebマスターコースで学べる内容

 

学習すること詳細
javascript/jQuery動きのあるWebページを開発できる。
javascriptをより便利にしたjQueryも学べる。
(コード量や開発時間の短縮)
HTML/CSSWeb画面を表示させるための言語。 この2言語をマスターするだけでWebページが作れます。(副業も可能)
PHP/LaravelPHPはWebに組み込まれるために開発された、初心者にも学びやすい言語です。
LaravelはPHP上で動く開発を効率化するためのフレームワーク。
SQLデータベースを扱う言語。Webサイトには欠かせない。

 

Webマスターコースは、Webサイト開発に特化したプログラミング言語を学習します。

このコースを学習するだけで、おしゃれなWebサイトを1人で開発できるようになります。

初心者にも学びやすいプログラミング言語ばかりなので、非常にオススメできるコース構成になっています。

CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースで開発するサービス

しみりょう
しみりょう
CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースで開発するサービスは以下の4つです。

Webマスターコースで学べる内容

 

開発するWebサービス内容
グルメサイト食べログの簡易版サイト。
掲示板機能Twitterの簡易版サイト。
出品・購入機能付きフリマサイトメルカリやヤフオクの簡易版サイト。
ログイン、パスワード認証、検索普段利用しているログインや検索機能の裏側

 

Webマスターコースでは様々な形式のWebサイトを開発するので、実力が付きます。

CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースの受講料金と学習期間

しみりょう
しみりょう
CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースの料金は以下の表です。
コース/期間2ヶ月4ヶ月6ヶ月
Webマスターコース165,000円275,000円330,000円

CodeCamp(コーキャンプ)では、受講期間別に料金が変わります。

 

Webマスターコースの料金は他社スクールと比較して、安いのか高いのかを見ていきましょう!

学習コース料金比較

プログラミングスクール料金期間
CodeCamp(コードキャンプ)165,000円2ヶ月
テックキャンプ239,580円2ヶ月
DMMWEBキャンプ239,600円2ヶ月
侍エンジニア塾418,000円3ヶ月
TechAcademy(テックアカデミー)229,000円2ヶ月

上記の表を見ていただいたら分かるように、Webマスターコースの料金は安いです。

 

さらにCodeCamp(コーキャンプ)では、時期や季節によるキャンペーン割引があったり、無料体験の参加による1万円割引もあります。

 無料体験に参加すれば、誰でも1万円の割引が受けられるので、CodeCamp(コーキャンプ)の受講を考えている方は必ず参加するようにしましょう! 

 

CodeCamp(コーキャンプ)を最安値で受講する方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

【超お得割引】コードキャンプを最安値で受講する方法!1万円割引確定
・CodeCamp(コードキャンプ)を最安値で受講するにはどの割引を利用したいいの? ・割引の種類はいくつある? 上記の疑問を解決できる記事になっています。 この...

 

CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースのオススメの学習期間

しみりょう
しみりょう
CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースのオススメ学習期間は、4カ月です。

CodeCamp(コードキャンプ)の公式サイトでは、目安の学習時間を以下のように記載しています。

学習時間/期間2ヶ月4ヶ月6ヶ月
1週間あたりの学習時間20~25時間10~15時間5~10時間

 

2カ月でWebマスターコースを完走しようと思うと、1日あたり4時間前後の学習が必要です。

 本業がある方は平日に4時間の学習はかなり厳しいと思うので、オススメの学習期間は基本4カ月だと思います。 

 

料金の安さに惹かれて、短い学習期間を選択すると、挫折する可能性が高いので気をつけてください。

 

2カ月の学習期間がオススメな人は、総じて時間がある人です。

以下がオススメな人の例です。

  • 学生
  • 定時あがりが可能な方
  • プログラミング経験者

 

無理なく学習を続けられる学習期間を選択することが大切です

しみりょう
しみりょう

もし学習期間の選択に迷ったら、CodeCamp(コードキャンプ)の無料カウンセリングで聞いてみるのがおすすめですよ!

\まずは無料でためしてみる/
CodeCampの
無料カウンセリングを申し込む

※無料カウンセリングはいつ終わるか、わからないのでお早めに

 

CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースのサポート

しみりょう
しみりょう
Webマスターコースのサポートは3つあります。

・Webマスターコースの3つの学習サポート

  • 現役エンジニアとのマンツーマンレッスン/チャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー
  • 無料の就職・転職サポート(キャリアTalk)

 

 CodeCamp(コーキャンプ)はコースに関わらず、学習面・転職面でのサポートが非常に手厚いです。 

 

学習面では、現役のエンジニアがマンツーマンでレッスン(疑問の解消)を行ってくれます。

また、レッスンを受けたい講師を自分で選べるのもCodeCamp(コーキャンプ)の魅力です。

 

転職面では、キャリアTalkと呼ばれるサービスがあり、レッスン1回分のポイントを消費すると、面接対策や職務経歴書の添削を行ってくれます。

現役のエンジニアやプロのキャリアコンサルタントに悩み相談(転職やキャリアについて)ができるので、転職コースとほぼ同様のサポートが受けられます

CodeCamp(コードキャンプ)の学習方法は実力がつく

しみりょう
しみりょう

CodeCamp(コードキャンプ)の学習方法は実力がつきます。

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は質問をしても答えは教えてくれません。

教えてくれるのは考え方やヒントのみです。

 

プログラミングの学習は「自分で考えて、コードを書いて、調べて、エラーを解決」していくことで実力がついていきます。

エンジニアは思考力や問題解決能力を求められる仕事です。

 

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は「答えを教えてしまっては受講生の力にならない」ことを知っています。

あえてヒントや考え方を伝えることで、受講生の実力を伸ばそうとしてくれています。

 

CodeCamp(コードキャンプ)を受講すれば、卒業後も現場で活躍できるエンジニアになれますよ!

Webマスターコースの受講で転職できる

Webマスターコースの受講で転職できる

CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースの受講で、十分転職できるスキルは身につきます。

ですが、Webマスターコースでサポートされない以下の2つは、個人で準備しておく必要があります。

  • オリジナルサービスの開発(ポートフォリオの作成)
  • 面接対策等の転職準備

 

しみりょう
しみりょう

僕も通常の学習と上記2つの準備で、未経験からエンジニアへの転職に成功しました。

また、 実際にWebマスターコースを受講して、エンジニアに転職された方もいらっしゃいます 

Webマスターコースを受講して転職に成功した方

※後に記載しているWebマスターコースの評判と口コミでも、転職に成功された方をご紹介しています。

Webマスターコースは自社開発企業に転職できる可能性が高い

しみりょう
しみりょう

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講すれば、自社開発企業に転職できる可能性が高いです。

理由は以下の2つです。

Webマスターコースは自社開発企業に転職できる可能性が高い理由

理由①:Web系の開発言語であるPHPの求人は多い

理由②:初心者が案件を取りやすく、稼げる分野の学習ができる

 

以下で1つずつ見ていきましょう!

理由①:Web系の開発言語であるPHPの求人は多い

しみりょう
しみりょう
コードキャンプのWebマスターコースが自社開発企業に転職できる可能性が高い理由の1つ目は、「PHPの未経験求人は多いから」です。

まず、PHPはWebサービスを開発される際によく使われる言語です。 

理由を簡単に説明すると以下の2つです。

  • データベースとの連携が簡単
  • Webアプリケーションの開発に特化している

 

そして、Web系の開発に特化した言語のPHPの求人数は2番目に多いんです!

以下の図を見てください。 PHPの求人数

レバテックの調査によると、PHPの正社員の求人数はJavaに次いで2番目です。

しみりょう
しみりょう

実際、僕が転職活動をしている時も、JavaとPHPの求人がほとんどでした。

求人の数が多い

受けられる企業の数が多い

転職できる可能性が高い、より条件のいい会社を選択できる

 

上記が成り立ちます。

 

PHPはWebサービスの開発に特化した言語なので、Web系の自社開発企業によく利用されます。

求人数も非常に多いので、自社開発企業に転職したい方には1番おすすめできる言語です。

理由②:学習の途中で挫折しにくい

しみりょう
しみりょう

コードキャンプのWebマスターコースが自社開発企業に転職できる可能性が高い理由の2つ目は、「学習の途中で挫折しにくいから」です。

そもそもCodeCamp(コードキャンプ)を受講中に挫折してしまっては、本末転倒ですよね。

PHPはその点、他言語よりも比較的文法が覚えやすく、初心者の方でも学びやすい言語です。

 

つまり、「学習が難しくて挫折する」みたいな可能性は低くなります。

PHPが他言語よりも簡単な理由をさくっとお伝えします。

  • 変数の方を定義しなくてもいい
  • 配列の定義が簡単
  • ライブラリが豊富

 

上記3つが、PHPが比較的簡単な言語と言われる理由ですが、深く理解しなくて大丈夫です!

「あー、他の言語と比較したら簡単なんだな」と思ってもらえればOKです。

 

挫折しにくい言語が学べる

転職まで繋がる可能性が高い

 

Webマスターコースはサポート手厚いだけでなく、学習する内容も初心者向けなので、挫折する可能性は低いです。

自社開発企業に転職できる可能性も高まりますよ!

 

\まずは無料でためしてみる/
CodeCampの
無料カウンセリングを申し込む

※無料カウンセリングはいつ終わるか、わからないのでお早めに

補足:Webマスターコースを受講後、転職までの流れ【4ステップ】

コードキャンプWebマスターコース受講後、転職までの流れ5ステップ

しみりょう
しみりょう

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコース受講後、転職までの流れをご紹介します。

①:Webマスターコース受講後に、ポートフォリオを作成

まずは学習期間内に学習を終わらせてください。

Webマスターコースには、オリジナルサービスの開発がカリキュラムにないので、ポートフォリオの作成を自力で行う必要があります。

ポートフォリオは転職であった方が絶対にいいので、クオリティはもちろん、開発した理由なども考えておきましょう!

 

②:履歴書や職務経歴書を作成

転職には履歴書や職務経歴書が必要になるので、学習が終われば準備していきましょう!

CodeCamp(コードキャンプ)のキャリアTalkを利用して、書類添削や面接練習などを行ってもらいましょう!

もちろん自分で作成できる人は、それでオッケーです。

 

③:キャリアTalkを利用して面接対策

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースには面接対策等のサポートが用意されているわけではありません。

キャリアTalkで1回分のレッスンポイントを消費して、面接対策(職務経歴書の添削、面接練習)を進めていきましょう!

 

もちろん自分で作成できる人はそれでオッケーです。

 

④:求人にどんどん応募していく

履歴書や職務経歴書が完成すれば、どんどん求人に応募していきましょう!

 

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースには、非公開求人を紹介してくれるサービスはついていません。

マイナビやリクナビ、転職エージェントを利用して多くの求人に応募していきましょう!

 

また、コードキャンプはIT/Web業界への転職に強みを持つ、「Geekly」と「type」の2つの転職エージェントと提携をしています。

この2つを利用してもOKです!

 

面接は慣れなので、どんどん求人に応募して場数を踏むことをオススメします。

 

ステップ⑤:面接・内定の獲得

応募した企業から内定を獲得すれば、転職活動終了です。

CodeCamp(コードキャンプ)では「内定がでた企業数✖️3000円分のAmazonギフト」がもらえるので、内定をもらった時は必ずCodeCamp(コードキャンプ)に報告しましょう!

転職成功率を上げたい方はCodeCampGateがオススメ!


CodeCampの転職コースがおすすめ!

CodeCampGate(コードキャンプゲート)は、CodeCamp(コードキャンプ)の転職コースです。

転職コースなので、 より転職に必要な知識を学べる上に、転職サポートが徹底されています。 

 

Webマスターコースでは学べない内容は以下の2つです。

  • 実践的なチーム開発
  • オリジナルサービスの開発

 

Webマスターコースでは1回分のレッスンポイント消費が必要なサポートも無料で受けられます。

  • 自己分析、履歴書等の書類添削
  • 面接対策
  • 求人の見極め方
  • 企業への推薦状発行

 

 2021年上期だけで、40人近くのCodeCampGate(コードキャンプゲート)受講生が転職に成功しています。 

さらに、受講生の自社開発企業への転職割合は50%です。

 

少しでも転職確率を上げたい方は、CodeCamp(コードキャンプ)の転職コースCodeCampGate(コードキャンプゲート)の受講がオススメですよ!

 

CodeCampGate(コードキャンプゲート)の評判や学習内容に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

【運営に聞いてみた】コードキャンプゲートの評判・就職先を徹底解説
しみりょう こんにちは、プログラミングスクール卒業生のしみりょうです! CodeCampGate(コードキャンプゲート)の受講を考えている人は以下の悩みありませんか? ...

 

CodeCampGateとWebマスターコースの受講に迷ったら

コードキャンプWebマスターコースとCodeCampGate、どちらを受講するべき?

しみりょう
しみりょう

結論から言うと、転職支援をしっかり受けたい方はCodeCampGate、受講料を抑えたい方はWebマスターコースを受講するべきです。

 

コードキャンプゲート・Webマスターコース比較表

コース/比較内容料金学習期間転職支援求人の紹介
コードキャンプゲート495,000円4ヶ月転職に関する内容は全てサポートあり
Webマスターコース275,000円(4ヶ月)2ヶ月~6ヶ月(選択できる)※あり(レッスンポイントの消費必要)なし

※Webマスターコースはレッスンポイントを消費して、転職支援を受けることができます

 

上記の表を見ていただくと分かるように、料金を抑えたい方はWebマスターコースを受講するべきです。

Webマスターコースは、レッスンポイントを消費することで転職支援も受けることはできます。

 

コードキャンプゲートを受講するべき人

  • 転職サポートを徹底的に受けたい人
  • より実践的な学習がしたい人
  • 少しでも転職成功率をあげたい人

 

Webマスターコースを受講するべき人

  • 受講料を極力抑えて、転職したい人
  • 転職準備やポートフォリオ作成は自分でできる人
  • 転職は考えていない人

 

しみりょう
しみりょう

どちらのコースを受講するのか迷っている方は、CodeCamp(コードキャンプ)の無料カウンセリングに参加するがオススメですよ!

 

\まずは無料でためしてみる/
CodeCampの
無料カウンセリングを申し込む

※現役エンジニアが不安や悩みを即効解決してくれます

 

Webマスターコースは将来的に副業に繋がる可能性も高い

Webマスターコースは将来副業できる可能性あり

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講すれば、副業に繋がる可能性も高いです。

理由は以下の2つです。

Webマスターコースを受講すれば、副業に繋がる可能性も高い理由

理由①:プログラミングを教える立場にまわれる

理由②:Web制作案件は多い

 

以下で1つずつみていきましょう!

理由①:プログラミングを教える立場にまわれる

しみりょう
しみりょう

Webマスターコースを受講すれば、副業に繋がる可能性も高い理由の1つ目は、「プログラミングを教える立場にまわれる」からです。

最近はプログラミングスクールも多く、いろんな学習教材がありますが、教える立場の人間が不足しています

実際、CodeCamp(コードキャンプ)は随時講師を募集しています。

CodeCamp(コードキャンプ)講師募集

 

他のプログラミングスクールでも、メンターを募集しているスクールをはたくさんあります

 

つまり、 プログラミングを学んで、転職して実務経験を数年積めば、誰でもプログラミングを指導する立場になって、副業を始めることができます 

理由②:Web制作案件は多い

しみりょう
しみりょう

Webマスターコースを受講すれば、副業に繋がる可能性も高い理由の2つ目は、「Web制作案件は多い」からです。

PHPを用いる企業ホームページ等を開発するWeb制作案件は、案件数が多いです。

なので、個人で開発できるようになれば、案件を獲得しやすい分野になります。

 

案件を受注できれば、30万~50万円は稼げます

PHPの副業案件一覧

 

また、長期的に案件を回してくれる企業の信頼を獲得できれば、案件を毎月受注しなくても稼ぎ続けることもできます

とはいえ、いきなり上記のような大きな案件の獲得は難しいので、数年実務経験を積んでから、副業を始めていくのがオススメです。

 

PHPを学ぶことで、将来的に大きな副業収入に繋がる可能性は高いです。

PHPを学ぶと将来1000万近く稼げる可能性あり!

PHPの受講で将来稼げる

しみりょう
しみりょう
PHPを学ぶと将来年収1000万近く稼げる可能性があります。

下記の画像を見てください。

フリーランスエンジニアの平均年収

 

レバテックの調査によると、レバテックに登録しているフリーランスエンジニアの平均年収は864万円です。

平均年収なので、スキルのある人は1000万以上余裕で稼いでいると考えられます。

 

また、 僕の知り合いは実務経験1年で年収660万、2年目で800万円以上になったと話していました 

以下はレバテックのPHPの求人・案件の月額単価の相場です。

PHPの月額単価は70万円前後

 

さらに、PHPはJavaとJavascriptに次いで利用されている言語なので、求人・案件の数も非常に多いです。

以下はレバテックの言語別の求人・案件の数で、PHPの案件は4000件弱あります。

PHPフリーランス案件はかなり多い

 

しみりょう
しみりょう

もちろん、未経験からいきなりは無理ですが、PHPを学んで実務経験を積めば、十分年収1000万を稼げる可能性があります。

\まずは無料でためしてみる/
CodeCampの
無料カウンセリングを申し込む

※現役エンジニアが不安や悩みを即効解決してくれます

 

Webマスターコースの評判と口コミ

Webマスターコースの評判と口コミ

CodeCamp(コードキャンプ)Webマスターコースの評判と口コミをご紹介します。

 

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースの評判と口コミ

①:独学より学習を進めやすい

②:仕事の幅が広がって感謝

③:転職に成功した

 

以下で1つずつ見ていきましょう!

①:独学より学習を進めやすい

今日からcodecampのwebマスターコースを受講しています!
独学で苦手だった所やつまづいた所がハッキリわかってるので、進めやすい
案件とスクールの両立頑張ります!— tarugoroたるごろー@web制作 (@tarugoro2017710) April 1, 2020

 

②:仕事の幅が広がって感謝

独学webデザインから、ちゃんと勉強!codecampさんにお世話なりました。それから、php好きに!^_^!
お仕事幅が広がりました〜
感謝!感謝!— ライフパフォーマンス (@performanceherb) June 28, 2021

 

③:転職に成功した

WEB制作会社!!!!!仕事が!!!!!決まったぞーーー!!!!!祝いじゃ
祝いじゃーーー!!!!未経験&子育てママでも!!!!!うまく!!!!!いく!!!!!#駆け出しエンジニア— 狼@とにかく駆けるママ (@wolf_colukoko) February 11, 2021

Webマスターコースの受講がオススメな人

Webマスターコースの受講がオススメな人

しみりょう
しみりょう
先ほどもご紹介しましたが、CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースの受講がオススメな人の特徴は、以下の3つです。

Webマスターコースを受講するべき人

  • 受講料を極力抑えて、転職したい人
  • 転職準備やポートフォリオ作成は自分でできる人
  • 転職は考えていない人

 

転職では、Web系の自社開発企業を目指す人にオススメです。

学ぶ内容も適していますが、CodeCamp(コードキャンプ)自体がWeb系企業への転職に特化したスクールです。

 

また、受講料を抑えてプログラミングを学びたい人にもオススメです。

転職向けコースのCodeCampGate(コードキャンプゲート)よりも転職サポートが手薄な分、受講料が非常に安いのが魅力です。

 

※注意点

Webマスターコースは転職を目指す人にオススメですが、CodeCamp(コードキャンプ)から求人の紹介等のサポートはありません。

Webマスターコースの受講で人生の選択肢の幅が広がる

Webマスターコースを受講すると人生の選択肢が増える

しみりょう
しみりょう
Webマスターコースの受講で人生の選択肢の幅が広がります。
 CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースでPHPやjavascriptを学んで、Web系の企業に転職できれば、会社に属していても場所にとらわれない自由な働き方ができます。 

みなさんが想像する以下の働き方などです。

  • 私服で出勤
  • リモートワーク

 

リモートワークが可能なので、仕事終わりや土日に副業でも稼ぎやすいです。

また、javascript、PHPはフリーランス案件も非常に多いです。

 

つまり、Webマスターコースを学習することで以下の選択肢を取れます。

  • 将来的に会社員から独立して、フリーランスエンジニア
  • 本業をやりながら副業もこなす

 

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講すれば、将来的に転職、副業、フリーランスなどいろんな選択肢をとることができますよ。

 

\まずは無料でためしてみる/
CodeCampの
無料カウンセリングを申し込む

※現役エンジニアが不安や悩みを即効解決してくれます

 

悩みや疑問がある方は無料カウンセリングに参加するのがおすすめ!

無料体験/カウンセリングに参加するべき

しみりょう
しみりょう

CodeCamp(コードキャンプ)の受講に不安や疑問がある方は、無料カウンセリングで聞くのが1番手っ取り早いです。

学習方法やスクール、メンターの雰囲気などCodeCamp(コードキャンプ)の全てを教えてくれます!

※無料体験/メンタリング・カウンセリングを受けたからといって、必ずCodeCampを受講しなければならない訳ではありません。

 

キャリアカウンセラーがあなたの悩み相談に乗ってくれます。

例えば、以下のような質問をぶつけても大丈夫です。

 

・今後自分がどうしていきたいか

 

・今の転職市場でITエンジニアに転職できるのか

 

・今の年齢でも受講できるのか

 

・就職先はどういった企業があるのか

 

など

 

僕も実際にこの無料カウンセリングを受けて、プログラミングスクールを決めました。

無料体験やカウンセリングを受けることで、スクールの雰囲気や学習方法を理解できて「自分に合うか合わないか」がはっきりするので、絶対に受けた方がいいですよ!

 

\まずは無料でためしてみる/
CodeCampの
無料カウンセリングを受けてみる

※無料体験はいつ終わるか、わからないのでお早めに

Webマスターコースを受講する時に取るべき行動

コードキャンプWebマスターコースを受講する時に取るべき行動

 

しみりょう
しみりょう

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースを受講する時に取るべき行動は以下の2つです。

 

①:疑問や不安は全部質問しよう

CodeCamp(コードキャンプ)の講師は全員現役のエンジニアです。

キャリアTalkを利用すれば、プロのキャリアアドバイザーからアドバイスももらえます。

分からないこと、疑問に思うことは全て解消できる環境なので、積極的に質問していきましょう!

 

②:いろんな講師のレッスンを受けて、話を聞く

CodeCamp(コードキャンプ)の最大の魅力は、講師を自分で選択できる点です。

自分に合う講師を見つけることで、学習の理解度も大きく変わります。

 

また、CodeCamp(コードキャンプ)にはいろんな働き方、仕事をしているエンジニアがいます。

いろんな考え方に触れることができ、自分が将来なりたいエンジニアの人の話を聞くこともできます。

 

より多くのエンジニアから話を聞く方がお得ですよ!

まとめ:Webマスターコースはコスパ最強

いかがでしたか。

この記事では、プログラミングスクール卒業生かつ現役エンジニアの僕がCodeCamp(コーキャンプ)のWebマスターコースについて詳しく解説しました。

さらに、Webマスターコースを受講した後の転職や副業についても詳しくお伝えしました。

 

内容をおさらいしておきましょう!

まとめ

・Webマスターコースの受講で転職・副業ができる(人生の選択肢が広がる)

・自社開発企業に転職できる可能性が高い

・初学者にも学びやすく、求人数が多い言語を学べるのが特徴

・Webマスターコースは受講料を極力抑えて、転職したい人にオススメ

・無料カウンセリングを受けることはすごく重要(自分に合うスクールかどうかが分かる)

 

「どのスクールがいいのかな?」と悩まれている方は、まず無料カウンセリングを受けて自分に合うスクールか確かめてください。

なぜなら、実際に自分で話を聞く方がネットのどの情報よりも信憑性があるからです。

 

迷っている時間があるなら行動した方が絶対いいですよ!

あなたの迷っている時間でエンジニアの席はどんどん埋まっていきます。

 

僕もCodeCamp(コードキャンプ)以外のスクールの無料カウンセリングにも参加しまくりました。

 

自分に合わないなと思ったらやめたらいいですし、何より無料なのでリスクはなしです。

まずは無料カウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか。

 

\まずは無料でためしてみる/
CodeCampの
無料カウンセリングを受けてみる

※無料体験はいつ終わるか、わからないのでお早めに

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました